診療放射線技師・臨床検査技師の業務、放射線漏洩線量測定、安全管理研修、遠隔読影の会社です
株式会社R.O.S 
TEL: 03-5530-8705

サービス

サービス一覧



放射線漏洩線量測定

放射線漏洩線量測定サービスです。放射線発生を伴う医療機器の設置時および定期的に行うことが義務付けられている放射線漏洩線量測定をアウトソーシングで請け負います。計測器の購入と校正、計測の業務、書類の作成といった手間を省くことができます。
料金やサービス詳細はこちら→




サーベイメータのレンタル

放射線漏洩線量測定に必要な計測器(サーベイメータ)をレンタルします。 医療機関様のスタッフで測定が可能な場合、最低限のコストで漏洩線量が計測できます。もちろんサーベイメータの校正やメンテナンスは弊社が管理しますのでご安心ください。
コストを抑えて線量測定→




フィルムバッジによる漏洩放射線量測定

弊社からお送りした線量計を、お客様自身でレントゲン室などの壁面に1か月間貼り付けて頂き、漏洩線量をモニタリングしていただきます。

線量計を回収後、弊社で評価し、漏洩線量測定報告書を作成致します。

フィルムバッジによる線量測定→

漏洩放射線量測定


読影サービスMIR

メディカルイメージリーディングは遠隔読影サービスです。多くの医療機関でCTやMRI、超音波検査といった画像診断が行われていますが、専門の画像診断医を雇用することは大きな負担であり、実現困難なのが現状だと思われます。その解決方法の一つとして当社が提案するのがこのサービスであり、各施設で撮影された画像をインターネットを介して画像診断専門医が読影を行います。読影レポートを参考にしていただくことでより質の高い画像診断を患者様に提供することができます。
遠隔読影MIRの特徴は→




読影システムのレンタル

遠隔読影サービスのシステムをレンタルします。すでに医療機関様で非常勤の読影医を雇用している場合に有用です。 読影システムを利用することで、医療機関様はいつでも読影依頼をすることが可能になり、非常勤の読影医は自宅にいながらスキマ時間を利用してレポートを作成することができます。 新しいスタイルの遠隔読影です。
新しいスタイルの遠隔読影とは→

遠隔読影


放射線安全管理 研修

e-Learning

 

e-Learningによる研修

 

2020年4月より医療法改正によって1年に1回以上の放射線安全管理の研修が義務化されました。

対象者は放射線診療にかかわるすべてのスタッフです。

弊社ではWeb技術を活用したe-Learningによる研修を提案します。

 

研修の詳細はこちら→

ROS業務委託


ROS業務委託

診療放射線技師および臨床検査技師が行う検査を外部委託で実施することを御一考ください。医療機関様はコストの削減と業務の効率化、技師の方は技術を生かす環境を得ることができます。双方にメリットのあるアウトソーシングサービスです。
人材不足の解消はこちら→

時間の有効活用