診療放射線技師・臨床検査技師の業務、放射線漏洩線量測定、安全管理研修、遠隔読影の会社です
株式会社R.O.S 
TEL: 03-5530-8705

なぜ放射線漏洩線量測定は外部委託するのか

こんにちは。Web担当のカワジリです。

弊社ではサービスの一つに放射線漏洩線量測定があります。

これは放射線発生を伴う医療機器をお持ちの施設様が定期的に行うことが義務付けられています。

具体的に放射線発生を伴う医療機器とは、以下の用途で使われるものです。


  • レントゲン
  • ポータブル
  • CT
  • 透視
  • アンギオ
  • 核医学
  • 治療
  • (etc・・・)

    これらの検査及び治療を行っている施設様は法律(医療法施行規則、電離放射線障害防止規則など)によって、6ヶ月を超えない期間に一度、線量測定を行わなければなりません。

    サーベイメータを自施設で購入して自分たちで測定してもいいのですが、測定器の精度を保つために定期的(1年に1回が推奨)に点検・校正に出さなければならないので、どうしてもランニングコストが掛かってしまいます。
    (本体価格:数十万円、校正価格:約1〜5万円)
    さらに言えば、サーベイメータは20年も経たずに部品供給の関係で修理ができなくなるため、買い替えが必要になります。
    そこで、ほとんどの施設様は線量測定に関してはアウトソーシングしています。


    ランニングコストを抑えるためにアウトソーシングしているわけですから、弊社では必要最低限の価格設定を心がけています。そうでないとアウトソーシングの意味がないと考えているからです。


    装置を設置した時の会社になんとなく継続してお願いしている施設様も多いと思いますが、定期的に掛かってくるコストなので、意外と重要です。

    一度弊社にお問い合わせください。お問い合わせ・見積もりは無料です。
    きっとコストダウンが期待できると思います!

    お問い合わせ

    余談ですが、

    最近気になるニュースは、吉野家の『定食のご飯をおかわり無料』の発表ですね。4月1日から始まるみたいなので楽しみです!